迷子の遊園地 ― 自分たちにしか綴れない物語を求め喘ぎ続ける劇団。

1997年旗揚げ。台詞のリフレインが感情を繊細に描き、静寂を巧みに取り込んだ緊張感ある演出が虚構の空間に現実を生出す。シニカルに、シリアスに、"いま"を生き抜く事に喘ぐ醜く美しい人間と向き合い続ける。

離々として連々
クラウドファンディング
劇団員募集

最新情報

回転木馬の残光2再生おかしな朝再生おかしな朝回転木馬の残光2

迷子の遊園地 静岡県浜松市を拠点に活動

自分たちにしか綴れない物語を求め喘ぎ続ける劇団|静岡・浜松

Copyright(C)2015 迷子の遊園地 All Rights Reserved